甘皮処理の重要性とは

ネイルサロンでは甘皮の処理を必ず行います。

甘皮処理は、単に爪を美しく見せる為や、ネイルカラーのノリや持ちを良くするだけの為ではなく、実は爪の健康を保つ役割があるんです。

通常爪には10%から15%の水分が含まれているのですが、甘皮の処理をしないで放っておくと水分を奪われて爪が乾燥し、割れたり傷んだりしやすくなってしまいます。

それだけでなく、甘皮が重厚になり押さえつけられながら爪が伸びるため、爪の表面に筋が出やすくなるんです。

バランスの取れた食事をしていても、処理を行わない場合にはダメージが出てきます。

定期的にネイルサロンでネイルをしてもらっている方は自分の爪をよく見てみて下さい。

前はできていた縦筋が、サロンに通うようになってから出なくなっていませんか?

見た目が変化するくらい、甘皮の処理はとても重要なものなのです。


自分でもできる!甘皮の整え方

セルフで甘皮処理を行う場合、キューティクルリムーバーで柔らかくした後、プッシャーに水をつけ、優しく甘皮を押し上げます。

プッシャーの角度は爪に対して45度を保つようにするのが、上手なケアのポイントです。

強くこすったり、無理に押し上げたりしてしまうと返って傷ができてしまい、炎症を起こす原因になりますので、優しく少しずつ押し上げましょう。

その後、処理する手と反対の親指に濡らしたガーゼを巻き、親指の爪でケアする爪の表面をクルクルこするようにすると、ルースキューティクルという要らない部分の甘皮が取れてきます。

仕上げはオイルを塗り、しっかり保湿を行ったら、健康で綺麗な爪の完成です!